スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての「おかあさん」は…

ヒロの出産に向けての里帰り前、

家族旅行に行こうということになりました。

2泊3日のこの旅行…。

切迫早産になった人とも思えない、ハードな内容となりました。
(最初は全然そんなつもりじゃなかったんだけどな〜(^^;))

まず。車ででかけたのですが、旦那、道に迷う。
(私は全く地図が読めず、旦那任せ…でも、ナビついてるんですけどね…)

お弁当を食べる予定だった公園に、なんとか到着するも
マニアックな入り口の方に着けてしまい、延々坂を登るはめに…。

その後、海岸の近くの公園に立ちよったときには、「ハルに波打ち際で遊ばせてあげたい!」と、例によって急に思いついた私。(ハル、海で遊んだことがなかったんです)

しかし、何も下調べしてなかったので

そこの公園は、海岸にたどり着くまでに、かなり急な石段を延々おりて行かねばならず。

旦那に「止めといた方がいいんじゃない?」と心配されるも、

ここでも「二人目がでてきたら最後!」のスローガン(?)が頭から離れず。

炎天下の中、「大丈夫大丈夫!」と言ってやせがまんし

3人ともフラフラになって、なんとか海岸にたどり着きました。

さて、自閉っ子を育ててる方には、もう先の展開がおわかりかと思いますが。

もちろんハル、全然喜ばず。

しかも海岸は風が強かったため、大泣きW(この頃はまだ、強い風にも毎回泣いてたハル。)

旦那に抱っこされたまま、一歩も海岸を歩かずに、また延々石段を登るという展開でした(^^;)

まぁ、旦那も私も、うすうす「ハル、びびるだろうな〜」と気付いてはいたんですけどね。

さらにその後も、ロープウェーにのって観光名所の山頂に行くというビッグイベントが。


旦那は高所恐怖症です。

結婚前に、デートで箱根に観光に行った時、

そんなこと知らなかった私は「ロープウェーにのろう!」と、大湧谷へ誘いました。

私、高い所大好きなんです(^^;)なんとかは高い所がすきっていいますよね…アハハ…

旦那はそのデートで、ロープウェーには乗ったものの

どんどん機嫌が悪くなって行きました(^^;)

しかも、その日に限って強風で、ロープウェーめっちゃ揺れたんですよね。

そして降りたところでは、温泉卵が名物なのですが

旦那は卵が大嫌い。私は1人でゆで卵を5個食べるはめに…。
(私は卵大好きで。でも1個じゃ売ってなかったので…)

このデートのとき、旦那とは旅の趣味が合わないことを痛感し、

自分が好きなアドベンチャー系の旅行は、友人とすべし、と心に決めたのでした。


そんなことがあって、今回の旅行、ロープウェーに乗る気は全然なかったのですが

やせがまんなのか、なんなのか、旦那の方から「乗ろう!」と言ってくれたんです。

それで、山頂へ向かうことになったのですが。


今思うと。旦那のことより、ハルに配慮しなよって感じですよね。

その頃は、旦那も私も、ハルの特性についてわかってるつもりで、全然認識が甘かったんだと思います。

ハルもまだ言葉を話せないから、普段からきっと、すごく我慢してたことがあったんじゃないかなぁ。

ハルに申し訳なかったです。(><)


ハル、号泣でした。(;^^Aそりゃそうだよね。


しかも、ロープウェーだと思って乗り場に行ったら、リフトだったんです。

スキー場にあるようなやつ。むき出しの、ぶらぶら揺れる、あれです。


ハルのあまりの号泣ぶりに、下りに乗って来る方達が、みんな「ぼく、大丈夫だよ!」とか、「もう少しだよ、がんばれ!」とか、あたたかい声をかけてくださいました。(ToT)


旦那も、多分めちゃびびってたと思うけど
自分のことどころではなく、ハルを励まし続けてました。

そして、もちろん下りでも同じ状況WWW

旦那と二人、ハルにあやまりまくりました…そしてジュースを買ってあげました。

ハルの恐怖は、ジュースで帳消しにできるものでは全然なかったと思うんですけど…。


この旅行でハルが一番喜んだのは、宿泊したコテージでした。

広いおうちみたいで、暑くもなく、高くもなく、風もなく、安心したんでしょうね…。

大喜びで、室内を走り回ってました…(^^;)


私は、旅先でのハプニングって大好きだし

行き当たりばったりで、イベントや行き先を決めるのも好きです。

学生時代には、友達とヒッチハイクで旅行に行ったこともあるぐらい。

はじめての場所、はじめての出会い、それが旅行の醍醐味だと思ってました。

でも、ハルにとってそれは苦痛でしかない、ということに

この頃は思い至らなかったんですね。


さてさて、初めて「おかあさん」と呼ばれたのはいつの話か、というタイトルなのに

また違う内容かよ!と思ってられた方!ここからです!前置き長過ぎ


このコテージにチェックインするとき、本館のフロントで手続きをしたのですが

旦那が入り口に車を止めて、私がひとりフロントで手続きをしてきたんですね。

そして、私が車に戻ると。

旦那「ハルが呼んでたよ!ホテルに入ってく後ろ姿を指差して、呼んでた!」

私「え?私のこと!?なんて!!??」

旦那「うん。ほら、ハル。おかあさん帰ってきたよ。この人、誰?」

ハル「……。  ごっかぁ。」

私「……。へ?」

ハル(私を指差して)「ごっかぁ。」


はい、わたくし、「ママ」でも「かーさん」でも「かあ」でもなく。

ごっかぁでございます。W


ていうかさ、旦那よ、「ごっかぁ」でよくハルが私のこと呼んでるってわかったよね。


こんな感じで、現実は、私の思い描いていた感動的な場面とは、だいぶ違った訳ですが。

ごっかぁでもうれしかったですよ(^∀^)それ以上に、おもしろかったけど…。(^^;)

ランキングに参加しています♪下のバナーを、押していただけるとうれしいです!↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

自閉症児育児 ブログランキングへ

拍手もすごくうれしいです!ありがとうございます(^^)






スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

Secret

プロフィール

amenochihare

Author:amenochihare
はじめまして。
2人の息子の育児に奮闘中の主婦です。
長男は自閉症スペクトラム、次男は??今のところ凡人のようですが…。
試行錯誤しながら、療育に励む日々です。
ツイッターでも、ときどきつぶやいております(^^)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
閲覧者
現在の閲覧者数:
最新コメント
おすすめ本
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。