FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

注意欠如って…!?

先日、自分の落とし物&無くし物歴伝(?)について、少し書きましたが

あれから、偶然立ち寄った古本屋で、こんな本を見つけました。↓



ADHDって、「=多動」として、自分の中で変換してたんですけど

そういえば、「注意欠如/」ってついてるよな〜、と。

ふと、もしかして自分、当てはまったりして〜!?と思い、試しに読んでみたんです。

そしたら…あ、あら〜!?ほんとに当てはまるWWW


落とし物、無くし物だけでなく、私は子どもの頃から片付けができませんでした。

いつも学校の引き出し、ランドセルの中、子ども部屋はぐちゃぐちゃ。


小学校低学年の頃。

部屋で必要な物が見つからず、「高い所から眺めたらみつかるかな〜!?」と

勉強机の上にのぼり、散らかる部屋を見下ろして、途方にくれていたことをよく覚えています(^^;)


もちろん、そんなんじゃ見つからないし(^^;)


それが、一度片付ける!!となったら、逆に手が抜けず、そんなところまでやらなくていいよ〜!!ってところまで、やり続けるんですね。

そんなこととか。


高校時代は、あまりに教科書などの忘れ物が多いので、キャスターのついたカバン(なんて言うんだろ?年配の方が買い物で使ってたりするやつ…。)に、全教科の教科書や資料集、全部入れて持ち歩いてました。

授業はいつも上の空。全然聞いてなくて、ノートに絵を描いたりしてました(;^^A

勉強も全然コツコツできないタイプだったのですが


テストは好きで、テスト週間の一週間前からのみ、ものすごい集中力を発揮し

ほとんどその期間は連日徹夜で、教科書やらワークやらを丸暗記。

テスト当日には毎回のように熱出してました。


それで結果はどうかというと、成績はいつも結構良かったのですが

テストが終わると、全てきれいさっぱりと忘れ、何の教養も身に付かず。(^^;)


たとえば、私は社会科で地理を専攻してましたが、今は都道府県さえちゃんと覚えてません…。
小学生レベルも身に付いてないという有様。


テストでいい点をとったり、成績上位者として張り出されるのがゲームみたいで、おもしろかったんですね。


大学入試の時も、ひとりで勉強すると気が散って全然はかどらず、(すぐ漫画をよんだりテレビを見たりしてしまう)

いつも友達と一緒に学校で遅くまで勉強したり、リビングで家族に見張ってもらって(笑)やってました。


余談ですが、私は一応その後、大学を卒業しましたが
4年間、遊んで過ごしただけです(^^;)

旦那は高卒ですが、自分のために勉強をこつこつできる人なので

知識の量がハンパないです。


勉強って、テストの点とれることとはぜんっぜん違うことだよな〜、と

当たり前のことを今更身にしみて感じている、今日この頃です。


遅刻が多いのも、昔から。


どんなに早起きしても、どうしても出発がぎりぎりになってしまうんです。


高校の頃は、正門が閉まってしまうので、よく窓をよじ上って、教室に入ってました。


高校時代の友人に会うと、いまでも

「あんた、窓からよく入ってたよね〜。(笑)」

「いっつも携帯ないって言ってたよね〜。
 そして絶対かばんの中に入ってるの。(笑)」

「カバンに入りきらない荷物、スーパーの袋に入れて持って来てたよね。(笑)」


などなど、ネタとして楽しんでくれてます(;^^A


そんな自分が、今までなんとかやって来れたのは、寛容で、私の欠点を楽しんでフォローしてくれる友人に恵まれていたから。

待ち合わせをしても、「プラスマイナス20分までは、全然許容範囲!」(なぜ20分(^^;))、と言ってくれる仲間達でした。

(去年帰省したときに、この友人達と久々にランチに行ったのですが

誰も遅刻せず(奇跡的に私も)、みんな大人になったね〜、と感激し合ったのでした。)


あげていくときりがないんですが、これら自分の欠点をADHDのような、何か名前のつくものと結びつけて考えたことは、今まで一度もありませんでした。

ただただ、自分ってだらしないなぁ、と思ってました。

(ちなみに、結婚してからも、私が仕事をしてたときは、家事はほとんど旦那がやってました(^^;)
今は、旦那にいろいろ教えてもらい、なんとかぎりぎり合格ラインの主婦としてのりきっています)

そして、周囲の人たちに助けていただいてきたおかげで、今までは、そこまでたいへんな目には遭わずに過ごしてこられました。

ただし。前にも書きましたが。社会に出てからは、全くそれでは使い物になりません。


今までは何か無くなっても、自分が困るだけだったけど、

職場では色々な方面に迷惑がかかってしまいます。

スケジュール管理も全然できず、大事な用事をすっかり忘れて大騒ぎになったことも。


もともと自己肯定感低めだった自分、ほんっっとうに落ち込みました…。

(でも、ハルの出産をきっかけに、自分に対する考えを改めることができました(^^)/)


前出の本に出会って、とても救われました。


自分のことを「だらしない、使えない人間」と思うのでなくて

それは「脳のくせ」と捉えて、現実的な手だてを考えていこう、というスタンスの本でした。


私の特性(?)は、たぶんADHDの診断基準にはひっかからない程度だと思います。


診断に入るかどうかが問題ではなくて。


自分にもこのような傾向があると捉えることで、自分の欠点を補うための具体策を知ることができました。


旦那が、ハルの主治医に勧められた本を読んで、

「俺がこれ(自閉症スペクトラム)だ!」

と言っていたときの気持ちが、ちょっとわかったような気がしました。

(旦那は、今まで感じていた生き辛さの理由がわかった、と言ってました。)


旦那に、「ねえねえ、私ってこの本に書いてあるのと似てるよね。」

と話したところ、

「俺は、ハルと自分が仲間だってわかっただけで十分だから。まあ自分のことは自分でなんとかしてよ。」

と笑われて終わりました…ちーん。


さて、晴れて(?)ADHDタイプと勝手に自己認定した私。

さっそく本に載っていた具体策を実行中です。

今ひとつ心配なこと。

それは、忘れ物しないためのメモ帳を無くさないためには、どうすればいいかということです(;^^A


最後に、リクエストいただいた旦那自作のトランプ画像を。↓

SBSH0874.jpg

ジョーカーは、ハルとヒロの顔になっております。
SBSH0872.jpg


数字を全部並べ終わった後、ご褒美的な感じで、「にーにカード」と「ヒロカード」を並べるルールになっているようです。(^^)

ランキングに参加しています♪下のバナーを、押していただけるとうれしいです!↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

自閉症児育児 ブログランキングへ

拍手もすごくうれしいです!ありがとうございます(^^)





スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

Secret

No title

あめのちはれさん自身が
うっかりさんだったとしても、
色々と勉強され
しっかりとお子さんに向き合われている姿勢は
やはりすごいと思います!

私は、自分に出来ない事はいつも人任せなので…(^_^;)

パパトランプはハイクオリティーですね!e-267
ジョーカーが兄弟の顔とは!!e-451
11からの混み混みのマークの配置、絶妙ですe-287(≧▽≦)


荒木 まち子さんへ

コメントありがとうございます(^^)

いつもあたたかいお言葉、本当に励みになります(ToT)

そして混み混みマークのトランプも、荒木さんのコメントを見て、改めてじっくりみてみると

旦那、この配置も、かなり考えたんでしょうね〜!

1ミリずつずらして見比べてそう…(^^;)
プロフィール

amenochihare

Author:amenochihare
はじめまして。
2人の息子の育児に奮闘中の主婦です。
長男は自閉症スペクトラム、次男は??今のところ凡人のようですが…。
試行錯誤しながら、療育に励む日々です。
ツイッターでも、ときどきつぶやいております(^^)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
閲覧者
現在の閲覧者数:
最新コメント
おすすめ本
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。