FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「障害」か「個性」か

先日の記事で、大学病院のイケメン先生に教えていただいた本について書きました。↓



読んでみて、すごく良かったので
同じ著者の、別の本も読んでみたいなぁと思っていたのですが

旦那も同じ事を考えていたようで
この本、知らぬ間にヤフオクで300円で落札してくれてました♪↓


早速、旦那に先駆けて読み始めたのですが

一番初めの、『「障害」か「個性」か』という項目、数ページを読んだだけでも

この本を買った価値があった!と思いました。
(といっても300円しか払ってないけど(^^;))

そして、ハルの状態が個性の範疇なのかどうか、悩んでいた時の自分に読ませたかった!!と思いました。


ハルが11月に受けた発達検査。

質問の内容自体はわかっているはずなのに、コミュニケーションに困難さがあるため、実際には答えられない、というものが多々ありました。
(質問の言い回しがちょっと聞き慣れないものであるとか、先生のメガネが気になっていて、質問を最後まで聞いてない、とか、その他もろもろ(^^;))

この本の初めの部分には、ちょうど同じような男の子の話が出てきます。

 知能テストを受けたミチタカくん(架空の人物)。

 先生の「お父さんは男です。お母さんは?」の質問に
 「お母さんはミヨコ。」
 と答える。

 先生が同じ質問をもう一度すると、今度は
 「お母さんは、ほら、あそこ。今日はスカートはいてる。
 …お母さんと電車できたの。」

その後も延々、関係ない話を続けるミチタカくん。

そんなミチタカくんの様子を、そのとき専門家はどう見ているのかが書かれていました。

 専門家は(彼の「トンチンカンさ」の理由を分析し、その先の評価や支
 援プランを検討するとき)、
 彼の行動を「能力障害」によるものとしてとらえています。

うんうん、そりゃそうだよね。と、ここまで読んで。

私がはっとさせられたのは、次の記述です。

 でも、おそらく多くの専門家がまず思うことは、もっと別のことです。
 「『お母さんはあそこ』って、そうくるか。意表つくよなあ」
 「わからないのに、とにかく何か答えてくれてるんだね。ありがとう」
 「いじらしい子」「まじめなんだな」〜中略〜

 専門家は彼のユニークさに内心ほほえみ、 
 同時に人間としての真摯な姿勢に胸をうたれ、 
 あるいは報われない努力に精魂込めるいたいけな様子に
 心を痛めます。


私、この部分読んで泣きました(ToT)


この架空のミチタカくんが検査を受ける横では、
架空のお母さんも描写されていて
お母さんは、絶対知っているはずの答えを答えられないミチタカくんに、やきもきしていました。

まさに、11月の発達検査での、自分の姿!(^^;)

そうか。そうだよね。ハルだって、わからないけど、何か答えなきゃって、答えてたんだよね。

そうか。先生は、答えられるかどうかだけじゃなくて。
そんなふうに、いろいろな思いを持って、検査してくださってたのだろうな。

そんな思いと。
この本の著者の、自閉症者を見つめるあたたかい眼差しに、胸が詰まりました。

そしてこの章の最後には、こう書かれていました。

 子どもの特性はどの子のどんな特性も「障害」であり「個性」です。
 〜中略〜
 両方の視点をもちあわせて子育てをしていくことが
 子どもをトータルに支援し育児を楽しむために必要なのだろうと思いま
 す。

 「障害」か「個性」か。もう悩む必要はないのです。


子どもの様子が障がいなのかどうか、どこかに相談すべきなのか、など
悩んでいる方にぜひ、読んでいただきたい一冊です。
 

ちなみに、「お父さんは男、お母さんは?」の質問に
ハルは、「男!」と自信満々に答えていましたW

これは、知ってるのに答えられなかったんじゃなくて、そもそもわかってません。(^^;)
(後で確かめたら、髪が短い人=男 だと思ってたようです。)


そしてハル、何とかして答えなくては!と
トンチンカンな答えが出てくるのは
もちろん検査のときだけじゃありません(笑)

how.jpeg

「どう」って聞き方、難しいよね。ごめんごめん。(^^;)

ランキングに参加しています♪下のバナーを、押していただけるとうれしいです!↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

自閉症児育児 ブログランキングへ

拍手もすごくうれしいです!ありがとうございます(^^)




スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

こんにちは
またも同感、共感しきりです。
昔読んだ作文集の中に、似た問答「お父さんは男です、お母さんは?」「お母さんは大好きです」があって、それにも泣かされました。
この子たちの世界は、ちょっとズレているかもしれないけれど、本当に真っ直ぐで、いじらしい・・・
そう感じられている時には、対応する自分の心にもゆとりがあります。それを失わないようにしないといけないですね。
ありがとうございました。

ナカリママさんへ

いつもコメントありがとうございます!(^^)

> 昔読んだ作文集の中に、似た問答「お父さんは男です、お母さんは?」「お母さんは大好きです」があって、それにも泣かされました。

素敵な作文ですねぇ。子どもの作文って、笑いあり、涙ありで、いいですよね。

> この子たちの世界は、ちょっとズレているかもしれないけれど、本当に真っ直ぐで、いじらしい・・・
> そう感じられている時には、対応する自分の心にもゆとりがあります。

そう、そうなんですよ!自分に余裕があるかどうかって、ほんと大事ですよね。
余裕が持てず、「また変なこと言ってるし!それより早く着替えてよ!!」みたいなイライラが日常茶飯事の我が家です(^^;)

心にゆとりを持てるよう、明日も手抜き家事でがんばります(笑)

ありがとうございました!(^^)

プロフィール

amenochihare

Author:amenochihare
はじめまして。
2人の息子の育児に奮闘中の主婦です。
長男は自閉症スペクトラム、次男は??今のところ凡人のようですが…。
試行錯誤しながら、療育に励む日々です。
ツイッターでも、ときどきつぶやいております(^^)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
閲覧者
現在の閲覧者数:
最新コメント
おすすめ本
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。