FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旦那のこと

今日は、我が家のお父さん(旦那)について、書きたいと思います。

家族紹介でも書きましたが。旦那も、自称(?)自閉スペクトラムです。
(自称、というのは、診断を受けている訳ではないので(^^;))

ハルの診断時、大学病院のイケメン先生に紹介してもらった、この本。↓



先生は、「我々と、ご両親との共通認識として、まずこちらを読んでみてください。」
と言って、この本を進めてくださいました。

この本は、自閉症スペクトラム当事者が(子ども・小学校高学年〜くらいが対象なのかな?)読む事を想定されて、書かれています。

なので、その特性や、障がいの受け止め方などについて、わかりやすく、希望を持てる形で、書いてあるように感じました。


その本を熟読してた旦那。

そして、「俺がこれだ!」と。(笑)

私は、自閉症スペクトラムを持つ方が、知り合いにいることもあり、
その特性について一応の知識はあったのですが

旦那が自閉症スペクトラムだとは、全く感じていませんでした。


確かに、(前にも書きましたが)

高所恐怖症、先端恐怖症、閉所恐怖症あり。

言葉や言い回しが正確でないと、指摘が入る。
(ちょっとニュアンスが違ってると、「そんな言い方してないよね!?」てよく言われる(^^;))

四字熟語やことわざを、やたら知ってる。

何かを説明してくれるときに、ものすごく丁寧。
(概略をおおざっぱに、とか、要点だけ、というのが苦手なのかも。)

偏食(味だけでなく、食感やトラウマ、見た目等で、食べられないものがたくさん…)。


ずっと一人でいても、全然平気。

などなど、言われればそうかも…と思われる点、多数。

でも、繊細な人なんだな〜くらいにしか、思ってませんでした。


というのも。

旦那には、普段誘い合って遊びに行くような友達は、全然いないのですが
(個人的に深くおつきあいのある人、というのは、私が知ってる限り、ひとりしかいません。(^^;))

矛盾するようだけど、すごく人とコミュニケーションをとるのが上手なんです。


人から好かれる、というか。

会社の人からも、よく飲み会などに誘われてるし(でも全部行くわけではない。)

私の友達に旦那を紹介すると、みんな旦那のことを好きになってくれます。
(今日は旦那さんはいないのか、とか、また会いたいとか、よく言われます。残念ながら、特にイケメンとかじゃないですよ。)

旦那は、全然おしゃべりな方ではありませんが、聞き上手なんですね。

そして、数人で食事会などしていると

絶妙のタイミングで、すごく気の利いた事をちょこっと言う。


私は、会話を盛り上げるのが上手な人だな〜、と思ってました。


そのことを、旦那に話してみたのですが

それは、長年苦労して、人を観察し、鍛えてきた(?)技術の賜物のようです。
(そんな言い方はしてませんでしたが…また指摘されちゃう(^^;))


よく、自閉症スペクトラムの人は、冗談が通じない(言葉通りに受け取ってしまう)ということを聞きますが

旦那も、感覚的には今でもそうなんだけど、

「その人が冗談を言っている」というのは、経験から理解できるようになったので

その結果、場に応じた反応ができるようになったんだそうです。

子どもの頃から、今でも、人の目を見ることは苦手だそう。


その話を聞いて。


今の旦那の立ち振る舞いは、ものすごい努力の上に成り立ってるんだと思うと。

すごい人だなぁ、と思いました。

旦那が子どもの頃は、発達障害なんて、全然メジャーじゃなかったはず。

生き辛さを抱えながらも、自分が苦手なところをクリアするために、日々努力を重ねてきたんだろうな、と。

ただただ、尊敬です。


旦那は子どもの頃、トランプの7並べをやると、

なんで意地悪してカードを出さない人がいるのか、理解できなかったそうです。

ただひたすら、カードを順番通りに並べることが好きだったし、完成したところを見て、美しいと思っていたそうです。

なので、ハルが数字マグネット(以前ご紹介した、くもんのやつ。)を黙々と数字盤に並べて

完成した物を満足げに眺めているのを見て


とっても気持ちがわかるのだそうです。


そして、ハルがトランプをできるようになったら

二人で、意地悪しない、どんどん並べる「7並べ」をやるそうです(笑)

「それが俺の(子どもの頃、7並べで、カード止めてた人たちへの)復讐だ!!
心のきれいな人しかできない、7並べをやるんだ!!!」


と息巻いておりました。(^^;)


そして私には、もちろん参加権がありません。
(7並べ、とっても意地悪に、カード止めとくタイプでした(笑))


さて、ヒロはその7並べに参加できるのか!?

今日ヒロが書いてた、お絵描きボードがこちら。↓

Image032.jpg

数字だそうです。1、とか、2、とか言いながら、書いてました…。

ヒロは参加できるかもWWW

ランキングに参加しています♪下のバナーを、押していただけるとうれしいです!↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

自閉症児育児 ブログランキングへ

拍手もすごくうれしいです!ありがとうございます(^^)



スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

こんにちは。初めまして。
通りすがりの者なのですが、とっても共感できる記事だったので、コメントしています。
うちの旦那もそんな感じで、「自閉症っぽい」よね、なんて話をしていた矢先でした。でも私は旦那から「多動ぽいよね」と、言われています。そして息子はダウン症です←これは「ぽい」ではなく~^^;
「ぽい」ところを工夫してこられた旦那さん素敵ですね(^^)
息子さんもきっとうまく人生やりくりして、楽しく謳歌してくれると思います。
我が家も頑張ります(^^)/

順天姉さんへ

コメントありがとうございます(^^)
息子の主治医、イケメン先生に、主人のことを話したところ

昨今では、発達障害は100人に5人程度いる、といわれているものの
実数としてはもっと多いと思う、とのことでした。

息子さんは、ダウン症なのですね。

知人にダウン症、難聴のお子さんがいます。

とってもフレンドリーで、手話とジェスチャー、ちゃめっけたっぷりの立ち振る舞いで、小学校ではみんなのアイドルでした。

最近、久しぶりにスーパーでそのお子さんをお見かけしたのですが

高学年になったそのお子さんは、以前の印象とずいぶん違っていて

とても落ち着いた様子で、てきぱきとお母様の買い物の手伝いをされていました。

子どもって、ちょっと会わないうちにぐんと成長しますよねぇ。

順天姉さんのお子様の、これからの成長も、楽しみですね!

またぜひ通りすがってください(笑)

ありがとうございました(^^)
プロフィール

amenochihare

Author:amenochihare
はじめまして。
2人の息子の育児に奮闘中の主婦です。
長男は自閉症スペクトラム、次男は??今のところ凡人のようですが…。
試行錯誤しながら、療育に励む日々です。
ツイッターでも、ときどきつぶやいております(^^)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
閲覧者
現在の閲覧者数:
最新コメント
おすすめ本
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。